2015年09月22日

異業種参入した商品の特許分析(雑誌記事紹介)

 「知財管理」の2015年8月号に、異業種参入をした事業について、特許分析を行った事例が紹介されていました。 

異業種へ参入し成功した商品に関する特許出願分析
情報検索委員会 第3小委員会
知財管理 2015年8月号(Vol.65 No.8 P1072-1083)

 この記事は、

・特許分析を活用して、各事業が異業種参入に成功したポイントを探る。
・異業種参入の事例を学ぶ。

 の2つの視点から読むことができると思います。
 特許調査をしている私は、今回は後者の視点で記事を読みました。

 記事で紹介されている各事業の特許分析の内容をまとめると、

「ヘルシア」(花王)
 特許の出願内容別推移を検討
・商品の効果や風味等の作用効果毎に出願件数の推移を検討。
・公報の課題や効果から情報を抽出?

「内視鏡」(富士フィルム)
 子会社の吸収に伴 う製品開発への影響を検討。
・発明者と各発明者の特許について分析。

「太陽電池」(昭和シェル)
 事業の進展と特許出願の関係を検討。
・事業のプロジェクト、事業化イベントの際に出願件数がどのように変化したかを分析。
・プロジェクト、事業化イベントはプレスリリース、新聞記事、ニュース等から抽出?

 太陽電池の特許分析の事例では、特許情報とプレスリリース・ニュースに関する情報を組み合わせることで可 能となる分析で、特許情報とそれ以外の情報を組み合わせることで、事業の展開を可視化できることが示唆されています。

 「異業種参入した商品の特許分析」と一言でいっても、実際には調査の目的に応じて様々な分析の手法を使います。

 この記事を読んで、「調査の目的を具体的に考える」(何を知りたいか?)→ 「特許分析の手法の設計」(必要な情報をどのようなデータベースを使うか等) を検討して特許分析を行うという基本 の大切さと、特許分析の基本から応用への展開が理解できました。
posted by NEDS at 11:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 特許 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Copyright (C) 2011 Needs Design. All Rights Reserved. <管理者>ニーズデザイン(長内悟)    <連絡先>s_osanai@neds-ip.com